一般媒介と専属専任

不動産売却を行う上で万媒介契約にするか専任媒介契約にするか迷う時が来ると思います。それぞれ特徴が異なっており状況に応じてどちらを選んでいいかが変わってきます。ここでは一般媒介契約と専任媒介契約のメリットとデメリット、お勧めの選び方などを紹介します。

 

 

媒介契約とは?

自宅を売るとなると、中々、自分で買い手を探すことが困難ですよね。そこで不動産会社に仲介を依頼することが一般的な方法になってます。仲介を受けた不動産会社とは、媒介契約を結びます。なぜなら不動産と言う高価な商品を取り扱う以上、取引の安全性を確保するため宅地建物取引業法により、依頼者にとって不利にならない売買契約の締結が法律で義務付けられているのです。

 

具体的な媒介契約の内容は、所有している物件をどのような条件で売却活動を行うのか、成約した際の報酬金額、解約条項等をあらかじめ取り交わします。この媒介契約を結ぶ事によりこ、依頼者と不動産会社との間の関係を明確にして、仲介業務に関するトラブルを未然に防ぐ狙いがあります。

 

 

媒介契約の種類と特徴

媒介契約には3種類あります。それは一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約です。それぞれ詳しく説明していきます。

 

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、重ねて不動産会社を依頼する事ができず、さらに売主が探してきた買主も契約が結べないと言うとても縛りが強い契約です。つまり売買契約を結べるのは媒介契約を結んだ不動産会社1社のみです。

 

・メリット
専属専任媒介契約のメリットは、不動産会社が積極的に広告費を投入し売却活動をしてくれることが期待できますので比較的売却までのスピードが早いです。 また契約日から5日以内に指定流通機構へ物件を登録しなければならない義務を負っていますので、早く全国の不動産会社に物件を周知することができます。

 

・デメリット
専属専任媒介契約では、売主が売却を依頼する不動産会社のみで、不動産会社の力量によって売却価格や売却の時期が決定してしまいます。また自己発見取引もできないため契約後に身内に売却しようと思っても違約金が発生してしまいます。

 

 

 

専任媒介契約

専任媒介契約は、専属専任媒介契約とほぼ同じような条件で同じと思って良いのですが自己発見取引ができる分多少自由度はあります。また報告義務が専属専任媒介契約は1週間ことに対し専任媒介契約は2週間ごとに変わる点のみです。3つの媒介契約の中で1番一般的に結ばれる契約で全体の6割以上がこの専任媒介契約です。

 

・メリット
専属専任媒介契約と同じように積極的に広告費を投入し売却活動をしてもらえます。また「自己発見取引」が認められるので、契約後でも身内や友人などに自分で見つけてきた買主に対し売却することができます。専任媒介契約を結ぶと買取オプションや設備保証等不動産によりますが、特典がもらえることもあります。また一般媒介契約と違い積極的にサポートやアドバイスをしてくれます。その他に窓口が1本なのでスムーズな売却活動が行える。

 

・デメリット
専属専任媒介と同じですが不動産会社1社のみしかお願いできないため売却価格や売却の時期が不動産会社の力量で決まってしまう。
また悪徳業者に捕まると囲い込みされてしまうリスクもある。

 

 

一般媒介契約

一般媒介契約は、重ねて複数の不動産会社と契約することができるのが特徴です。もちろん自分が見つけてきた買主と契約しても大丈夫です。

 

・メリット
複数の不動産会社と契約できるので早く売却できる可能性が高まる。
一社に限定されないので気軽に契約することができる。

 

・デメリット
複数の不動産会社に依頼するためここの不動産会社が積極的売却活動(広告費)してくれない可能性がある。また専任媒介契約なら得られる特典も一般媒介契約だと得られない場合が多い。

 

媒介契約の特徴・まとめ一覧

契約の種類 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
他社への媒介依頼 X X
自己発見の直接契約 X
報告義務 義務なし 2週間に一回以上 1週間に1回以上
有効期間 無制限 3ヶ月 3ヶ月
レインズの登録義務 義務なし 7日以内に登録 5日以内に登録

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 以上が3つの媒介契約の種類の特徴とメリット、デメリットを紹介してきました。当サイトのオススメは特段の理由がない限り専任媒介契約を結のがオススメです。なぜなら初めて不動産売却する方なら特にそうなのですが、不動産売却は不動産知識、金融知識など専門用語が多くどうしてもサポートが必要となってきます。

 

専任媒介契約を結んでおけば二人三脚で売却活動を行うため一般媒介契約より親身になってサポートやアドバイスに乗ってもらえます。積極的に広告費を投入して売却活動してもらいますので、よほどの理由がない限り専任媒介契約がお勧めです。ただし前提として信頼がおける不動産会社であるのが条件です。不動産会社選びや不動産売却の肝です。しっかりと複数社に査定依頼し徹底的に比較して信頼できる不動産会社を探しましょう。

 

\信頼できる不動産会社が見つかる/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

ページの先頭へ戻る