マンションの売却は思っている以上手間と時間がかかります。順調にいっても3ヶ月はかかると思ってください。その間いろいろやることがありますので一度全体像把握する事をお勧めします。そこで、マンション売却の流れをかんたんに説明します。

 

 

マンション売却の全体的な流れ

 

マンション売却の流れは次のようになります。どのステージもとても重要ですので内容をしっかりと把握しておきましょう。

 

  1. マンションの査定依頼
  2. マンションの確認・調査
  3. 不動産会社との媒介契約
  4. マンションの売却活動
  5. 不動産売買契約の締結
  6. マンションからの引っ越し準備
  7. 残代金の受領・マンションの引き渡し

 

①査定依頼

査定依頼
マンション売却する上で絶対行うべきポイントは必ず複数社に査定を依頼することです。間違っても家から近いと言う理由だけで近くの不動産会社に決めてしまうのはやめましょう。査定を複数社に出してみればわかるのですが査定額はもちろん提案や考え方、会社の特徴だとそれぞれ異なってきます。なるべく複数社に査定を依頼しあなたのマンションに最適な不動産会社を選ぶのが良いでしょう。選ぶ際最低限はずせないポイントは売却実績がある不動産会社を選ぶことです。一言で不動産会社といっても売買、賃貸、管理、リフォームと細分化されてます。売却をするなら売却に強い会社を選びましょう。

 

マンション売却流れ矢印図

 

②マンションの確認・調査

マンションの確認・調査
複数社に簡易査定を依頼出した後、気になる会社に訪問査定を依頼しましょう。訪問査定では不動産のプロの査定私が実際にあなたのマンションを目で見て確認します。土地・建物の状況、周辺環境を確認し、販売事例、市場調査、成約事例、権利関係、建築法規等の調査を基にした査定価格がでます。

 

マンション売却流れ矢印図

 

③不動産会社と媒介契約

不動産会社と媒介契約
査定の結果、信頼できる会社が見つかりましたら不動産会社と媒介契約を結びます。不動産会社を選ぶ際は査定額だけではなく提案力や、担当者の良し悪しなども考慮しましょう。
媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約3種類があります。それぞれ特徴が異なりますのでしっかり把握して選びましょう。1番選ばれているのは専任媒介契約です。

 

マンション売却流れ矢印図

 

④売却活動

売却活動
売出価格を決定し媒介契約を締結したら次にいよいよ売却活動に入ります。売却活動はレインズに登録したりネット広告に出したり、地域新聞やチラシ配り等をして買主を探します。専任媒介契約と専属専任媒介契約の場合、定期的に
営業活動の状況、物件の問い合わせ状況など教えてもらえます。購入希望者に備えて内覧の準備もしておきましょう。内覧時には実際に部屋を見ますのでいつ来てもよいように早いうちからきれいにしておきましょう。

 

マンション売却流れ矢印図

 

⑤売買契約の締結

売買契約の締結
購入希望者が見つかり内覧の結果、購入意思がある方は購入申込書(買付証明書)を書いてもらいます。価格のほかに売買についての細かい条件や住宅ローン使用の有無等を決めます。その後、各不動産会社の宅地建物取引士から重要事項の説明を聞いたあと売買契約を締結します。その際に購入者から手付金を受領します。売買契約の所要時間は1時間程度です。売買契約の時必要となる書類は固定資産税等納税通知書・実印・印鑑証明です。

 

マンション売却流れ矢印図

 

⑥マンションからの引っ越し準備

マンションからの引っ越し
引き渡しに向けて各種書類の準備などをします。また、売買契約に記載された引渡し日までに部屋を明け渡さないといけないので引越しの準備を始めてください。住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、借入金返済の準備が必要になります。詳しくは不動産会社から説明があります。

 

マンション売却流れ矢印図

 

⑦残代金の受領・マンションの引き渡し

残代金の受領・マンションの引き渡し
残代金の受領と物件(カギ)の引渡しを行います。住宅ローンがまだ残っている方は、借入金の返済が必要になってきます。銀行や法務局の関係上、引き渡しは原則平日の日中におこないます。所要時間は1時間程度で終わります。主な必要書類は、権利証・印鑑証明書・物件の鍵・実印等になります。

 

 

 

 

査定結果はどのくらいで分かるの?

 

  • 簡易査定 30分~
  • 訪問査定 数日

 

査定には主に簡易査定(机上査定)と訪問査定があります。簡易査定は実際の売却不動産は見ないで書面で分かる築年数や所在地、広さや周辺の取引事例のみで査定をするので比較的早く査定結果がわかります。早い会社ですと30分か1時間で送られてきます。一方訪問査定と言うのは査定士があなたの不動産を実際に目で見て査定しますので、より実勢価格に近い査定額を算出することができます。また実地調査のほかに役所や法務局で法規制やインフラ状況を調査するのである程度日数がかかります。

 

 

大手不動産会社と地元密着型不動産会社はどっちがいいの?

大手不動産会社も地元密着型不動産会社もメリットデメリットがありますので一概にどちらが良いとは言えません。お勧めできる方法は簡易査定で大手と地元密着型を合わせて複数社に査定を依頼してその提案力、売却プラン、担当者の質、相性が合うか合わないか等を比較して決定するのが良いかと思います。大手不動産会社と地元密着型不動産会社のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

マンション売却の流れのまとめ

マンション売却の流れを簡単に説明してきました。見てわかったと思いますがマンション売却には様々な段階を経て売却にたどり着きます。3ヶ月もかかる大きなイベントですので、パートナーである不動産会社のサポートはとても重要になります。つまり不動産売却において1番力を入れるべきポイントは不動産会社選びです。
なるべく複数の不動産会社に査定を依頼して徹底的に比較して自分のマンションとの相性そして担当者との相性も重要になります。お互いが信頼感が持てれば良いのですが信頼感がいちど崩れると、かなり大変です。マンション売却全体の流れを通して1番重要なのは不動産会社選びです。便利な不動産一括査定を紹介します。

 

信頼度ナンバー1の一括査定サイト

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

 

 

ページの先頭へ戻る